調剤薬局開業,薬局譲渡,薬局売買なら<薬局ナビ>

【薬局売却をお考えの経営者様】☆見積特典☆御見積時5万円プレゼント!さらに仲介料無料!お気軽にご相談下さい

【薬局売却をお考えの経営者様】☆見積特典☆御見積時5万円プレゼント!さらに仲介料無料!お気軽にご相談下さい

販売価格はお問い合わせください。

詳細・お問い合わせ

※下記技術料および対象地域Aの薬局売却御見積時に、現金をプレゼントいたします
【月平均技術料140万円以上の薬局:50,000円プレゼント】
【月平均技術料110万円以上の薬局:30,000円プレゼント】
【対象地域A:(東京都)23区、西東京市、三鷹市、武蔵野市、小金井市、調布市 (神奈川県)横浜市、川崎市 (埼玉県)さいたま市、川口市、越谷市】


※下記条件の売却御見積時にも、現金をプレゼントいたします
【月平均技術料130万円以上の薬局:30,000円プレゼント】
【対象地域:(東京都)対象地域A以外の地域(神奈川県)対象地域A以外の地域(埼玉県)対象地域A以外の地域】


ご覧いただきまして誠にありがとうございます。調剤薬局の売買を担当しております有限会社ネクスト・コンサルティング代表 木戸と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

「薬局譲渡を検討したい」「薬局売却額が知りたい」等は、ぜひお気軽にご相談下さい。弊社は2004年より調剤薬局の売買事業に携わっています。お見積り・売却完了までのすべての業務は無料です。他社より高価格をご提案いたします。秘密は厳守いたします。お気軽にご相談いただけましたら幸いです。



(以下は、薬局評価額の目安です)
・月技術料10か月分から36か月分程度
・年純利益3年分から10年分程度
・年売上30パーセントから100パーセント程度
※最大限、ご要望にお応えいたします
※利益が出ていない場合も、評価額はゼロではありません


※お問い合わせ、ご利用お申込は、ページ上部の「お問い合わせ」フォームよりお願いします

※お電話の場合は以下にお願いします
【窓口】ネクストコンサルティング薬局事業部
【電話番号】03-5843-1155
【受付時間】平日9AM〜5PM
※受付専用電話のため、「薬局見積もりの件」とお伝え下さい。折り返し、専任担当者よりお電話いたします


【※インターネットからのお問い合わせのご注意】
1日以内に、折り返しの電子メールが届かない場合は、メール受信設定等により、弊社からのメールが送信不可の状態になっております。お手数ですが、メール受信設定をご変更のうえ、再度、お問い合わせ下さるようお願い申し上げます。



ご面談時に下記書類をご用意下さるようお願いします
【ご用意いただく書類】
・賃貸借契約書コピー(所有の場合、登記簿謄本コピー)
・薬局開設許可証コピー
・薬局の平面図(機器備品配置図も)
・調剤報酬集計・月計表(各月ごと直近1年分)
・医療機関別集計表(直近2か月分)
・機器の内訳(メーカー名、機種名、品番、製造年)
・リースの内訳
・リースお支払残債コピー
・薬剤師、医療事務人数、雇用条件など内訳
・備品、消耗品の内訳
・1か月間の経費(すべての支出)の内訳


【関係事項】
・施設基準の状況
・麻薬取扱い状況
・レセコンメーカー名
・レセコンの在庫管理システム有無
・医薬品取引問屋
・医薬品の棚卸金額
・医療機関との関係
・譲渡理由
・譲渡希望時期、譲渡希望金額



[秘密保持契約について]
※実際の秘密保持契約の締結は、弊社への業務ご依頼時になります。秘密保持契約は、薬局譲渡(薬局売却)をお考えの法人・経営者様の重要な機密情報をお伺いするため、弊社の機密情報漏洩により法人・経営者様が損害を被った場合、その損害を弊社が補償する旨で締結いただいております。


【秘密保持契約書】
有限会社ネクスト・コンサルティング(以下、「甲」という。)と○○○○(←お名前・御社名)(以下、「乙」という。)とは、甲が乙に対して紹介する、調剤薬局物件について、次のとおり秘密保持契約を締結する。
(情報の開示)
第1条 甲及び乙は、コンサルティング契約を締結するに先立ち、甲は乙に対し調剤薬局物件について、甲の秘密に属する情報を開示する。
(情報開示の目的)
第2条 甲が乙に対して甲の秘密に属する情報を開示するのは、コンサルティング契約締結の可否について、乙が検討するためである。
(目的外使用の禁止)
第3条 乙は、甲より提供を受けた情報を第2条の目的以外に使用してはならない。
(秘密事項)
第4条 この契約でいうところの「秘密事項」とは甲が乙に対して提供するすべてのデータであり、甲より乙に開示又は提供されるものをいう。
2 以下のものについては、前項の「秘密事項」にはあたらない。
(1) 甲より開示を受ける以前から公開され、又は周知であった情報
(2) 乙が甲より開示を受けたあと、乙の責任によらずに周知となった情報
(3) 甲から開示を受ける以前から乙が自社で有していた情報
(4) 適法な手段により乙が第三者より独自に入手していた情報
(秘密事項の管理)
第5条 乙は、甲より提供を受けた秘密事項を厳重に管理し、保持する義務を負う。
2 乙が甲より提供を受けた秘密事項は、必要最小限度の範囲で、乙の役員及び従業員(派遣社員、出向社員、契約社員等を含む)(以下、「従業員等」という)に開示することができる。乙は、当該役員又は従業員等に対して本契約で定めた事項については、その義務を遵守させるものとする。
3 乙は、前項に基づき乙の役員又は従業員等に秘密事項を開示するときは、甲に対しその氏名、開示する秘密事項の範囲及び内容を書面にて通知し、甲の承認を得るものとする。
(守秘義務)
第6条 乙は、甲より提供された秘密事項を第三者に漏らしてはならない。
2 乙が甲より提供を受けた秘密事項を、乙外部の専門家等に鑑定その他の目的で開示する必要がある場合は、甲に対し事前に、文書によって開示する相手方、開示の目的、開示の必要性、開示する情報の範囲を申し出、甲の書面による承諾を得なければならない。また、乙が甲の承認に基づき第三者に情報の全部又は一部を開示する場合には、乙は第三者に対し、本契約と同様の秘密保持契約を締結しなければならない。
(複写・複製)
第7条 乙は、甲より提供を受けた情報について、これを複写・複製する場合には、事前に書面によって甲の承諾を得なければならない。
2 乙は、甲より提供を受けた情報について、これを複写・複製する場合には、甲の了解した数量を超えてはならない。
(情報の返還・破棄)
第8条 乙は、本契約期間満了の日より14日以内に、甲より提供を受けた文書、電子媒体等の一切の情報媒体物、及び甲の承諾を受けて乙が作成した複写物・複製物等を甲に返還、又は破棄しなければならない。
2 期間満了前であっても、以後情報の開示を受け保持する必要がなくなったことを甲乙で確認した場合も、乙は前項の処置を行わなければならない。
(損害賠償)
第9条 本契約による情報提供期間内又は期間後に、乙又は乙が委嘱した第三者が故意又は過失によって秘密事項を第三者に漏らした場合には、乙は甲に対して、これによって生じた損害を賠償しなければならない。
(有効期間)
第10条 本契約の有効期間は、本契約締結の日より1年とする。
(協議)
第11条 本契約に定めのない事項又は解釈に疑義の生じた場合は、甲乙が誠実に協議した上で解決するものとする。
(管轄裁判所)
第12条 本契約に関して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を管轄裁判所とする。
以上、本契約を証するため本書2通を作成し、甲乙記名押印の上各1通を保有する。

西暦〇〇年〇〇月〇〇日
甲 東京都新宿区新宿三丁目12番4号 新宿タウンプラザ309
有限会社ネクスト・コンサルティング
代表取締役 木戸良伯

乙 (ご住所・御社所在地)
  (お名前・御社名及び代表者名)
調剤薬局開業,薬局譲渡,薬局売買,薬局M&A,薬局独立,薬局ナビ